FC2ブログ
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

「山口生花」店長:山田 裕之の雑学広場

  // 

バラ風呂ギフトの販売を中心として、お花のこと、雑学的なことを含めて、岐阜県可児市の花屋が花屋らしくない情報も発信しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

(公財)可児市文化振興財団のココが凄い! 

こんにちは。

毎年、秋になるのが楽しみの山口生花の店長の山田です。
何が楽しみ!っていうと、一年に一度の定期出張が出来るんです。

それも、東京
田舎者には、憧れの聖地ですよね(笑)
特に私の場合は、ですけど・・・・・

(公財)可児市文化振興財団さんの何が凄い!?って??
その凄さを、これからお話をさせて頂きます。
P1010508_convert_20111016082708.jpg

可児市の(公財)可児市文化振興財団として、可児市をPRする活動が凄い!
「お・も・て・な・し」の気持ちが凄い!
可児市の演劇を、日本全国に発信する取り組みが凄い!
衛 紀生 館長が凄い!

(公財)可児市文化振興財団さんとのお付き合いが深まるたびに感嘆させられます。

その前に、何で、山口生花の私が、(公財)可児市文化振興財団さんの凄さを紹介するのか?ですが、これには、岐阜県可児市という無名(バラのまち可児)の地を、日本中に紹介し、広めたい!という思いが合致し、違う立場でありながら「バラのまち」のPRをしようと活動をしているからです。
(公財)可児市文化振興財団は、演劇という文化芸術面で!
当店は、バラにこだわった商品展開をしている!ということで。

そもそも、どうして、(公財)可児市文化振興財団さんと山口生花が繋がってるのか?
遡ること15年前、私が、可児市子ども会育成者協議会(11小学校区)の会長をさせて頂いておりました時に、(公財)可児市文化振興財団の評議員に2年間ほど任命されておりました。当時は、(公財)可児市文化振興財団さんの殆どの職員さんを知らなかったですが、そこから色んなお付き合いが始まり、当時の事務局長さんや課長さんに懇意にして頂くうちに、「バラのまちづくり」に関するベクトルが同じなので、お互いに協力出来ることが無いかと模索しておりました。

そんな折、(公財)可児市文化振興財団が『可児市で創った演劇を全国に発信』する試みがあり、著名な俳優さんを岐阜県可児市に一ヶ月以上に渡り滞在して頂き、可児市で演劇を創っており、東京を皮切りに、全国各地に公演行脚をしていました。
今年で、9シリーズ目の公演になります。
【可児市文化創造センター ala】の過去の演劇のホームページです。
http://www.kpac.or.jp/project/alacollection.html

今年も、既に、東京吉祥寺公演は始まっております。
P1010488_convert_20111016081307.jpg
開演場所:吉祥寺シアター東京都武蔵野市吉祥寺
開演期間:10月6日(木)~10月13日(木)
開演時間:曜日により異なりますので、こちらを参考に

   http://www.kpac.or.jp/collection9/
私は、既に可児公演で9月に観ましたが、今回の公演は、「佐藤B作親子の初共演」で、非常に面白いですよ。

その東京公演(8回公演:東京都武蔵野市吉祥寺吉祥寺シアター)に「ご来場されるお客様へのおもてなし」の気持ちで、座席に赤いバラの一輪花束を、さりげなく置いてあるんです。
P1010508_convert_20111016082708.jpg

おもてなしの気持ちを、可児市をPRするバラで演出する!
そんな公演って、他に聞いたこと無いですよ。

その赤いバラの一輪花束は、(公財)可児市文化振興財団さんからご依頼を受け、東京・吉祥寺公演が開演される8日間、毎日送らせて頂いているのが山口生花です。
DSC_0464.jpg

DSC_0467.jpg


また、バラの一輪花束だけでは無く、会場入り口でも「バラのまちをPRしよう!」ということで、4シリーズ目の東京・吉祥寺公演から当店も帯同させて頂くようになり、会場に足をお運びの観客の皆様を入り口でお迎えしながら、当店のバラに関するグッズを販売させて頂く機会を設けて頂きました。

また、それまでは(公財)可児市文化振興財団と山口生花だけでのコラボレーションでしたが、「バラのまち」をPRするのに可児市観光課不在はマズイ!ということで、当店から可児市役所の観光可児に数年がかりで強くプッシュすることで、可児市観光課も6作品目から合流するようになりました。

この演劇を観劇にご来場されるお客様は、東京の方ばかりではありません。
可児市から発信している演劇だから、ということで可児市に縁のある方も多くご来場されます。
また、館長の紀 衛生 氏の顔の広さ!というか、人脈の広さは、東京・吉祥寺公演に帯同していると驚くばかりです。
館長の人望や人脈で観劇に来場される方も多いとか。また、俳優さんのお知り合いも多いみたいで、時折、芸能人さんもお見えになってますね。

こんなに凄い(公財)可児市文化振興財団の創作した演劇を、身に来てください。

私も、10月11日(火)~10月12日(水)には、吉祥寺シアター入り口で、バラ・グッズのブースを出店してお待ちしております。
DSC_2188.jpg
DSC_2189.jpg





関連記事
タグ: 東京  吉祥寺  吉祥寺シアター  (公財)可児市文化振興財団  山口生花  バラのまち 

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ymgcseika.blog72.fc2.com/tb.php/2281-89375b0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。